2010年02月05日

植物状態でも意思疎通できる?

「植物状態でも意思疎通できる?脳の反応、英で確認」
 【ワシントン=山田哲朗】植物状態と診断された患者の中に、認知能力が残っている人がおり、特殊な装置を使えば周囲と意思疎通ができる可能性があるという研究結果を、英ケンブリッジ大などが3日付の米医学誌に発表した。

 意思疎通できないという前提で行われてきた患者に対する医療を考え直す必要がでてくるかもしれない。

 同大学の医師らは、頭部の外傷などで、周囲の呼びかけに反応がない「植物状態」と診断された23人を、脳の活動部位を可視化する機能的磁気共鳴画像(fMRI)装置で調べた。

 「テニスをしている」「自宅の中を歩いている」などの場面を想像するよう呼びかけたところ、4人で健常者と同じ脳の活動パターンが繰り返し表れた。

 研究チームは「将来、患者にどこか痛みがないかfMRIを使って聞くことが可能になる」としている。

(2010年2月5日 読売新聞)


何となくみんなわかっていたことだけど・・・

「植物状態」の人への医療を考え直すのではなく、
「植物状態」の定義を考え直して欲しい。

"生きている"とは?
"生"と"死"の意味とは?

これまで、周りのことは全て聞こえ、理解していたにもかかわらず、意図を伝えることが出来ないということで、「死んだ」と定義されてきた人がたくさんいるということです。

昏睡状態の人には、触れることと、録音でも良いので身近な人の声や、好きだった歌をを聞かせてあげることが、良いそうです。
posted by yuu at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35143800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック