2009年07月30日

離婚は健康に悪い?

再婚していても離婚経験が身体的に悪影響を及ぼしているかもしれません

離婚経験のある人の方が、ない人よりも"心臓病や糖尿病、癌といった疾患にかかっている人が多い"という結果が出たのだそう。


離婚したい人、身体に悪いから、離婚止めますか?


どうせリサーチするなら、
離婚したいけれどがまんして、あるいは、出来ないで一緒にいる人と、
離婚した人を比較してみて欲しい。

イギリスでは、不況で資産価値が低下し、慰謝料がとれないことから離婚率が減っているとか。
脱不況を待っている内に、元に戻るカップルがどのくらい居るのか・・・?
なんてのも、ちょっと見てみたい。
そしたら、不況は、結婚生活に一役買うことになるかも知れないしね〜

いずれにしても、かな〜り根本的なところで、何かが間違っている事は確かだな。せい
posted by yuu at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2009年07月28日

世界遺産の本屋さん

世界の本屋さん10選

私の中でのNo.1は

No.3「Livraria Lello」(レロ書店)- ポルトガル
 世界遺産なんだそうで、ゴージャスの一言に尽きます。

そしてもうひとつ、
No.2「El Ateneo」(エル・アテネオ書店)- アルゼンチン
 劇場を改装してつくられたと。

京都の「恵文社」は、見た目よりも"本にまつわるあれこれのセレクトショップ"という内容に惹かれる。


その昔、近所にcafeと本やが一緒になった店が出来た。
おしゃれだな〜と思っていたら、ある人が「こういう中途半端な店は嫌いだ」と言った一言で、あまり好きでなくなってしまった。
その店は、すぐにつぶれた。
早すぎたのかも知れない。

しばらくして、ジュンク堂の店内にcafeができ、まだ買っていない本も持ち込んで読めるようになったときは、感動して、通い詰めた。
だって、新刊たっぷりの図書館にいるようなものだもの!

でもその後、購入前の本は持ち込めなくなり、行かなくなった。
その代わり!?店内のあちこちに座る場所が出来た。

本屋って、一日でも平気でいられる。
できればそこで、ご飯も食べて、お茶もしたい。

本当は、本屋で暮らしたい♪

でも、最近の日本の本屋で、ずーっと居たいと思う店はない。
オンラインでおおかた見てしまうことも一つかも知れない。
けど、あてもなく手にとってみたい本も、これといってない。

私の興味が薄れてきたのか?
はたまた・・・?
posted by yuu at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2009年07月27日

怖い という思いこみ

先日から、よるになると怪しい物音と気配がしていた。
で、昨日。
なんと体調8cmくらいのねずみちゃんが、悠々と歩いていた。
まだ子供っぽい。

しかし、
ちょろちょろ!
と走るわけではなく、
悠々と歩いていた。

一瞬

怖い!
どうしよう!

と思った。
が、次の瞬間、思い直した。

何で怖いの?

そういえば昔、職場にハムスターを連れてきていた人がいた。
そのままふつーにポケットに入れて。
あれはかわいかった。

けど、ねずみ!と思うと、反射的に 怖い!と思ってしまった。

なんで?

まぁ、いろんな思いこみがあるわけだけど、
こちらが怖いと思えば、
多分、あちらも怖いと思うだろう。

まだ子供っぽいし、悠々と歩いているところを見ると、
さしづめ間違って家の中に入り込んでしまったものの、
まだ、人間を怖いものとはあまり思っていないようにも見えた。

チャンス!

怖い!
とか
捕まえて殺さなきゃ!
などと思うのではなく、
迷い込んだのなら、上手に本へ戻してやれば良いだけなのでは?

まー、あまりたくさんになられるとこちらも驚異だけれど、
この辺りの自然の中には、ネズミは普通に暮らして居るんじゃないかと。

そこで、「つかまえる」ではなく、「自然に外へ帰ってもらう」道を用意し、「ここにいてもご飯は手に入らないと思うし、外へ出た方が良いと思うよ。もしずーっとここにいることになれば、私たちも、あなたたちを捕まえたり、殺してしまうようなことになるかも知れないよ」と、話しかけてみた。

ま、目の前にじっと座っているわけではないけれど、多分その辺りに居るであろう方に向かって。

一晩経って、多分、無事外へ出たんじゃないかと思う。

オーストラリアへ来て驚いたことは、鳥やその他の自然の動物が人を恐れないこと。
野生の鳥に近寄っていっても、すぐには逃げない。

オーストラリアの動物たちは、長い年月の中で、人間と敵対するのではなく、共存してきたのだなぁとつくづく感じる。

お互いがお互いを、怖い!いやだ!殺さなきゃ!
と思うから、姿を見かけただけでお互い殺気立ってしまうけれど、
冷静に考えると、皆それぞれの場所で活きているだけで、
出来れば、お互いにテリトリーは犯さないでねってことなんだなと。

まぁ、理解は出来ても、実際どこまでそう思えるかは難しいところだなぁとは思うけれどね〜
posted by yuu at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2009年07月24日

回想

昔書いていて放置しているはずの自分のblogを探していたら、
知り合いのblogを見つけてしまった。

北村禎宏のアパレル業界「超・管理法」

元々まじめな御仁ではあったけれど、実にきちんとまじめに生きているなぁと、妙に感心。
企業で活きるタイプかと勝手に思いこんでいたけれど、独立して飛び回っている様子。
あの頃のメンバーは、かなり散り散りになっているものねぇ。
顔つきも、ずいぶんと穏やかになり、過ごしてきた人生を窺わせる。

人生"昔"はいいものだ。

ちなみに、私の回想はこちら
回想 アパレル業界
ちゃらいなぁ。
ま、それでいいんだけど。

更新は5年も前に止まっている。
時々思い出したら、書いてみようかな。
posted by yuu at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2009年07月23日

Lily flower。鉄分はほうれん草の10倍!

lily.jpg

中華料理などで、細長い竹の皮のようなものが入っていることがある。
これが、"Lily flower"なのだそう。

韓国/中国スーパーで、切り干し大根のように乾燥させたものを売っているらしい。

でこれ、ナントほうれん草の10倍もの鉄分を含むとか。
女性にはとてもお勧めな1品なのだけど、なぜか他ではあまり見ない。
ちょっと調べてみたけれど、殆ど情報なし。

Lily flowerについて、食べ方や詳しい情報をお持ちの方、是非お知らせ下さい。


posted by yuu at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2009年07月22日

クリスタルボウルとエッセンス

cbowl-b2.jpg

ようやく、日本で買ってきたスライドプロジェクタが使える!!!
ということで、3in1のセミナーが終わってからテスト。

変圧器を入れて・・・
おぉ〜〜〜!
しばらく、エッセンスのオーラ写真を堪能していたものの、なんか変なにおい?
焦げくさい?

変圧器は匂わない。
・・・プロジェクタ本体が、匂う。
かなり焦げ臭い。

30分〜1時間の連続投影は、無理かも知れない。

ということで、またしでもエッセンスのオーラ写真投射はなし。

前回は、イルカとクジラのエッセンスを使ったが、
今回は、オランダのフラワーエッセンス。
それぞれ筋反射で必用なエッセンスヲ舌下に落とし、クリスタルボウルの響きに身をゆだねる。

クジラ、イルカの時の
「グランディングしたまま、高次元を漂う感じ」
から、
「高くも低くもなく、程良いあたりを漂う感じ」

いろんな要素があるとは思うけれど、
かなり微細な波動を持つオランダ フラワーエッセンスのおかげだと感じる。

クリスタルボウルの演奏自体も、今日はとても穏やかで優しかった。
たゆたゆと、良い時間を過ごさせていただきました。

来月は、どのエッセンスでいこうかしら?

カバラツアーの話、ホ・オポノポノのヒューレン博士の話。
そしてなにより、ラップ版ホ・オポノポノがとっても良かった♪

来月もやります♪
posted by yuu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | こころとからだ

2009年07月21日

iPhone と ブラウザ

iphoneには、ストラップがつけられない(>_<)
結構なので、ベランダから乗り出して写真を撮るときは、けっこうびくびく。
これ

ちょっと良いなぁと。
これからもっと出てくるかな〜
こういうのはやっぱり日本だろうなぁ。


で、Twitter てのをやってみたのだけど、
いつもiphone片手に・・って環境じゃないので、こりゃなかなかついてゆけない。
でも、アプリを色々調べてみた。
TweetDeckというのが面白そうだけど、背景がグレーというのは許せない。
選ばせてほしい〜

なので、かなり似ているSimplyTweetといったところ。

しかし、Twitterすでにかなり息切れ。
日本にいる間の方が、使えるかも。

ちなみに、yuu_auで登録しているので、遊んでね〜

posted by yuu at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ

2009年07月18日

なんと、親を選び損ねたらしい・・・

先日のセッション。

受胎時が出てきたのはいつものこと。
が、そこで選べなかったのは、なんと親なのだと。

まだお腹に入る前、「しばらく人間やりたくないよ〜」とダダをこねていたら、いきなり背中を押されて落とされちゃったらしい!?

イメージで見ていると、背中が痛む・・・

他の人から言われたのは違うけれど、私が見た一番近い前世は子供で終わった。
子供で終わると、次の生が早いとも聞く。

人間楽じゃないから、
「まだいきたくない。何でそんなにすぐに行かなきゃいけないの?」
と聞いてみたら(誰に?)、なんだかしなきゃなんないことがあるらしい。
「んじゃ、私もがんばるから、あなたも助けてね」
ってことで、納得づくで降りてくることに。


おーーー
こんなこともあるんだ!!!
と、自分のことながら以外やら、びっくりやら。

しかし、これからは、色々助けてもらえるらしい。
ふむふむ。
posted by yuu at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | こころとからだ